名刺入れ専門店

燕三条の技術を詰め込んだ名刺入れ OPEN FACTORY & SELECT SHOP

加工精度の無駄遣いをした結果、こんなことになってしまいました。


【名刺入れ専門店】ブログをご覧のみなさま、こんにちは!
【名刺入れ専門店】ブログ担当スタッフの木龍(きりゅう)です。
みなさまはお花見、行かれましたか??
関東地方は先週末がタイミングばっちりだったようですね!



名刺入れ専門店のある新潟県燕市も、お天気にも開花状況にも恵まれて、多くの人がお花見にお出かけされたようです(๑^ω^๑)
満開の桜の中でつばめ桜まつり 分水おいらん道中も先週末開催されて、賑わったそうですよー!



わたくし木龍は、なんだかんだで行けておらず…仕方ないのでfacebookで友達が投稿した桜の画像で花見をしました。。



そんなサミシイ木龍はさておき。涙
本日の話題は、こちら!!


まさかの『加工精度の無駄遣いww』が話題に!


まずは、こちらの動画をご覧ください!






金属の板からするっと現れる文字…!
そしてスッと消える…
一瞬、何が起こっているかわからないくらいです。


これは、4月15・16日に三条市の「三条ものづくり学校」で行われた「工場蚤の市2017」での動画。
ニパ子さんのツイートが反響を呼び、リツイートはなんと35,000件を突破!
そこから火がつき、yahoo!ニュースをはじめ、ネットニュースにも取り上げられました!!

headlines.yahoo.co.jp

1000分の3mmの隙間!?



この不思議な金属。
実はここ【名刺入れ専門店】の親会社である武田金型製作所が製作したものなんです。

この金属板と文字の間にできた隙間は、なんと僅か0.003mm(3ミクロン)。ワイヤーカット放電加工によって金属を溶かすという方法を、ひずみ除去のため7回も繰り返しており、完成までには100時間を要したそうです。


髪の毛の細さが、猫っ毛と言われる細いタイプの髪でも約0.06mmほどなので、いかに隙間が狭いがおわかりいただけると思います。


もはや例えるのも難しいくらいの幅…!


隙間0.003mmを実現するためには、カットをする際ワイヤーのぶんの隙間がどうしても開いてしまうので、本体と文字を別々の金属から作る必要があります。
その別々に作った金属同士をぴったり納めるのには、職人が長年培った高い技術が必要なんですね…!



ものづくりって、面白い!!



わたくし木龍は、以前話題になったコチラを押させてもらったことがあるのですが ↓↓

www.youtube.com



これ、本当に すすすすす〜っと入って、ピタッと文字がなくなるので
うぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜!!!!
ってなります。笑


アホかと思われるでしょうが、体験された方のほとんどが

うぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜!!!!

とおっしゃいます。
しかも、金属加工に詳しければ詳しい方ほど、叫びます!ほんとです!


技術力の高さを知ってもらうために作ったものですが、「ものづくりって、すごいなー!!!」「面白いなー!!!」と思っていただけたら、本当に嬉しいです(๑^ω^๑)



まだまだあります!燕三条のポテンシャル



私たち【名刺入れ専門店】では、名刺入れだけではなく、燕三条地域の企業さんの商品も取り扱っています。
その商品を実際に手に取ることで、燕三条の良さを肌で感じていただきたいからです。



「FACTORY FRONT」として燕三条地域の工場のご紹介も行なっていますので、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ!




誰も期待していなかったと思われる、木龍のプロフィールはまた次回!お楽しみに!



 名刺入れ専門店 SHOP情報 

新潟県燕市東太田14-3
TEL:0256-46-8720

OPEN 10:00 CLOSE 18:00

定休日:月・祝日


「自分に合った名刺入れはどれかなぁ?」
「プレゼントで贈りたいけど、どんなものがいいんだろう…」
そんなお悩み、【名刺入れ専門店】スタッフが丁寧にお受けします!
大事な場面に活躍する名刺入れだから、失敗しない名刺入れ選びをサポートいたします:)


□ web shop □
 名刺入れ専門店 for GIFT

facebook
 名刺入れ専門店フェイスブックページ

Instagram
 名刺入れ専門店 インスタグラムページ

f:id:meisiiresenmonten:20160115104014j:plain

広告を非表示にする